哲学の道

2018.9.10 writer:らす

哲学の道。

京都の銀閣寺のすぐ側から約3キロにわたり

「哲学の道」という石畳の道が河原沿いに続いています。

もう、ここがね、最高でした。

基本的に毎日忙しくて楽しくてしょうがなくて

哲学的な思想とは無縁の私。

哲学の道という名前だけど、ここは私にとっては

思考の道ですね。

お盆に京都にひとり旅に行って

ひとりで観光したり、関西の友達と遊んだり楽しんできました。

私は普段、割と空気を読んで人に合わせてしまう方なので

自分のしたいことがよくわからなくなります。

「あ、この人は私にこうしてほしそうだな~」とか

「いま私に求められている役割はこれだな、御意」

という感じで、求められている自分であろうとしてしまうから

本当の自分が何を望んでいるのかわからなくかります。

なので、自分と向き合うためには

「宇宙に今たったひとりで、私以外だーーーーれもいなかったら

私は何がしたい?誰に会いたい?何が食べたい??」

と、一人でじっくり自分に問いかける時間が必要になります。

そんな自問自答にぴったりの場所がこの

哲学の道です!!!

石畳を踏みしめながら、一歩一歩下流に向かって歩き

ひたすらに自分に問いかける。

「何がしたいの?」

「誰に会いたいの?」

3キロ歩き終えるころには

何かしら答えが出てるんですよねぇ。

すごい。

答えが出ました。

すごいぞ哲学の道。

京都に行くと必ず鴨川沿いをお散歩してビールを飲みますが

今後はこ哲学の道も定番になりそうです。9月も行こうかな。

おすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る