名人

2018.10.04 Thu. Writer:405

9月半ばあたりからぐっと秋らしくなってまいりました。

そのあたりになると食べるものも秋らしくなってきて、
先日、昨年は高騰して食べられなかったサンマを頂きました。
大変おいしゅうございました。

そしてプラス、栗ご飯も作ったのですが

作り方>
白米2合、下茹でした栗、塩少々
少々給水(しなくても良い)して炊飯
→出来上がり。

と一見すごく手軽に書きましたが、こちらの

下茹でした栗

の工程を隊長のお母さんがしてくれた為、
豊かな秋の食卓になった次第です。

ちなみに

下処理工程>
・栗を水(もしくはぬるま湯)に漬け硬皮を柔らかくする(1時間ほど)
・柔らかくなった皮を剥く(地味に力仕事)
・鬼皮をむく(灰汁で爪の隙間が黒くなるw)
・固ゆでする

当然これはわたしも何度やっておりますが、結構指先にストレスのかかる作業です。
(刃物で切ってしまったり、指が水でふやけてブニブニになるとか)

この地味で根気のいる下処理をサラッとこなしてしまう隊長のお母さんは、
家事名人(特に料理はプロ級)としか言いようがありません。

ありがたやありがたや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る