急がねば!!

WRITER: sitimi

先週の敬老の日に、小さな花束を持って祖父と祖母に会ってきました。

二人とも92歳の同級生カップルです!!

痴呆が進み、色んな病気を抱えている二人ですが。。。

家族の名前や、日にち、いつご飯を食べたかも忘れっちゃう二人ですが。。。

私が1ヶ月前に会いに行った際、

一人で車を運転してきたことは憶えていたようで

帰り道に事故に合わなかったか、ずーっと俺は心配だったぞ!!

という祖父。

脳梗塞が原因で右手に力が入らず、動かし辛いのに

私があげた花束を10分おきに

テーブルの花瓶から

右手を添えて顔の近くに持っていき

嬉しそうに眺めたり

香りを嗅いだりする祖母。

この二人からは“孫”というだけで

生まれた時から愛情しかもらっていない。

ほぼ目が見えない祖父。

ほぼ耳が聞こえない祖父。

ほぼしゃべることができない祖母。

一人では満足に歩けない祖母。

介護がないと生活できない状態になってもなお

私に愛情を示してくれる事だけは

完璧にできる二人。

ひ孫の顔を見せたいな~

急がねば!!!!!

と強く思った休日でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る