実りある引きこもり時間

2020.5.7 writer:らす

こんにちは。

GWが終わって久々の出勤。

新型コロナウイルスの影響で今年はGW中もずーーーっと家にいたので、

仕事とは言え外出できるのがちょっと嬉しいです*^^*

自粛要請でひたすら引きこもってみてわかったことは

引きこもりも思っていた以上に楽しめるなあ、ということ。

お部屋を徹底的に掃除したり1日三食ゆっくり食事をとったり

読書をしているとあっという間に1日終わっています。

なんだか優雅。

こんなにのんびりとした生活もありだな、と感じました。

というのも私は基本的にいつも急いで生活していたから。

仕事も趣味も遊びも全力すぎて、スケジュールはいつもぱんぱん。

睡眠時間削ってまで予定を詰め込んでしまうものだから、

予定の時間ギリギリまで寝て、急いで準備して急いで予定をこなす。

予定を詰め込みすぎてご飯を食べ忘れていたなんてこともしばしば。

疲れて帰ってきて家では大体寝るだけ。

それに比べてこの自粛期間は時間は山ほどあるので

すべてのことにゆとりを持って取り組めた。

こんな時間の過ごし方もあるのか!と新発見した気分でした。

そんなとっても充実した引きこもり期間でしたが

やはりお出かけしたいな、旅行したいな、友達と会いたいな、

という気持ちももちろんあって。

普段なにも感じずに過ごしていた生活がなんと幸せなことだったんだろう、と

普通の生活の有難さも知りました。

コロナ自粛によって、新しい時間の過ごし方と、普段の生活のありがたさを知れて

不謹慎かもしれませんがよかったなあと思いました。

今後は少し時間にゆとりを持って生きていくのもありかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る